Home > 製版のあれこれ「画像の解像度」について
FUJITA PROESS:TIPS

画像の解像度について

「画像の解像度」について

 
 

「解像度」とは?

 デジタル画像のきめ細かさのこと。プリンタ、スキャナなどの周辺機器の精度や画像そのもの精度を表す場合に用いられる。解像度はdpiという単位を用いて表現する。1インチあたりにいくつのドットが入るか(1インチをいくつのドットに分けられるか)ということを意味しており、350dpi・72dpiのように表す。この数字が大きいほど解像度が高く高精度の画像となる。印刷用としてスキャナで画像を取り込むときには、スクリーン線数の約2倍にあたる数値の解像度になるようにすればよい。つまり、175線で印刷するならば350dpiとなる。解像度は高すぎても不要に画像のファイルサイズが大きくなったり、出力に時間がかかったりするだけなので、適正な解像度で処理するのが望ましい。解像度が低いと画像のピクセルがそのまま印刷されてボケた感じになったり、被写体のエッジ部分が階段状になってしまいます。
 
 
350dpi   200dpi   100dpi   50dpi
             
350dpi   200dpi   100dpi   50dpi
 
 
 
 
 
 

料金プラン確認 今すぐお見積もり お問い合わせ

ページのトップへ