Home > 製版のあれこれ「規格サイズ」と「面付け」
FUJITA PROESS:TIPS

「規格サイズ」と「面付け」

「規格サイズ」と「面付け」

 
 

「規格サイズ」とは?

   
  A列 B列
0 841×1189 1030×1456
1 594×841 728×1030
2 420×594 515×728
3 297×420 364×515
4 210×297 257×364
5 148×210 182×257
6 105×148 128×182

(単位:mm)

  面付け

「面付け」とは?

最終的に印刷して折り丁(印刷を終えた折を、実際の仕上がりの大きさになるまで折りたたんだもの。製本の際は、 この折り丁を1折から順に並べ、綴じたうえで端を一気に断裁する。)にしたときノンブル通りに並ぶように用紙  サイズに合わせて16・8・4ページ単位で張り合わせる作業。面付けソフトで自動的に面付け出力をすることもできる。
 
 
 
面付け説明
 
 
 
 
 

料金プラン確認 今すぐお見積もり お問い合わせ

ページのトップへ