Home > 製版のあれこれ「特色」について
FUJITA PROESS:TIPS

「規格サイズ」と「面付け」

「特色」について

 
 

「特色」とは?

特色とはインキ会社が独自にインキを配合して作った色です。以下のような時に主にもちいられます。
 
1. CMYK(プロセスカラー)の4色では表現できない特殊な色(金・銀・パステルカラー等)を使う場合。
2. 2色刷り等、4色までは必要ない場合の色の指定。(K:スミと特色)
3. 色刷りで、色インキを使う場合。特色のインキの代表的なものに大日本インキ化学工業のDIC(ディック)、パントーン社のPANTONE(パントーン)、東洋インキ製造のTOYO(トーヨー)などがある。それぞれ色見本帳がある。
 
特色はDTPソフト上にもリスト(Illustrator・Photoshopの「カスタムカラー」)が入っているので選んで指定できる。しかし画面上の色と実際の印刷色とは異なるため、必ず色見本帳で確認して指定する。

4色印刷用のデータであるにもかかわらず、データ上で特色を使用されている場合があります。一般家庭用に販売されている インクジェットプリンターでは普通に印刷できる場合がほとんどですが、実際の印刷の際にはトラブルのもとになります。 強制的にCMYKに変換してしまった場合、色成分が変化してしまったり、色自体が抜けてしまう、また透明効果などに影響 してしまう場合もあります。またCMYK4色プラス特色で刷られてしまった場合、特色とは4色では表現できない特殊な色を 再現するために特殊に調合されたインクです。そのため印刷代は割高になります。4色印刷の場合はCMYKプロセスカラー のみで作成・入稿をするために入稿前にスウォッチのチェックを必ずします。
 
 
 
 
●「スウォッチパレット」でのチェック
「スウォッチパレット」で特色指定のスウォッチをダブルクリックし、「カラータイプ」を「プロセスカラー」 「カラーモード」を「CMYK」にする。
特色スウォッチパレットでのチェック
 
 
 
 

料金プラン確認 今すぐお見積もり お問い合わせ

ページのトップへ