Home > 製版のあれこれ「トンボ・塗り足し」について
FUJITA PROESS:TIPS

とんぼ・ぬりたしについて

「トンボ・塗り足し」について

 
 

「トンボ」とは?

印刷物は、仕上がりサイズより大きい紙に印刷し、断裁・製本して仕上げます。 断裁・製本、多色刷りの指標として付けるマークを「トンボ」といいます。 「トンボ」には、断裁する位置を示す角トンボ、ページごとのズレを防ぐ為に 紙の中央位置を示すセンタートンボ、製本の為に紙を折る位置を示す折りトンボなど があります。
 

「塗り足し」とは?

印刷物のページいっぱいに図版(写真・イラスト・網・パターン)を配置したい場合、仕上がりまでしか配置していないと断裁のズレ(何枚も重ねて断裁する為)によってページの端に余白が出てしまう場合があります。それを防ぐ為にドキュメントサイズより3ミリ以上はみ出させて配置することを「塗り足し」といいます。あらかじめ「トンボ」を作っておいて、角トンボに合わせて図版を配置する。
 
◎「トンボ」と「塗り足し」の設定
トンボと塗り足しの設定
 
◎「塗り足し」をつくらないと...
塗り足しを作らないと
 
 
 
 

料金プラン確認 今すぐお見積もり お問い合わせ

ページのトップへ